読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

No.373:週刊国際ニュース.Vol.58


新聞

マグナス・カールソン

こんにちは。先週につづき勝手に独自の視点で語る週刊国際ニュースVol.58をお届けします!日本だと雰囲気的に国際ニュースがフォーカスされづらいのと、もう少し幅広い地域のニュースを知れたら良いよな・・と思っているのもあって、自分から国際ニュースを書いてしまおう!と思い毎週更新しております。

 

先週は多忙のため更新できませんでしたが、ここ2週間(7月10日から7月23日)の間で気になったのは、ポケモンGOが日本でも配信、仲裁裁判所が中国の南シナ海主権を否定、アフガンで大規模爆発テロ、ロシアがリオ五輪出場停止か、ミュンヘンで銃乱射事件、ニース大量殺人事件、トルコでクーデター未遂、エジプトのパピルス文書が初展示、先進国で起こるテロと社会の闇、反体制派ポケモンGOでシリアを映すなどなどです。

 

ポケモンGOが日本でも配信

ポケモンGOが米国などで配信され、任天堂の株価や歩きスマホ問題などと共に話題になっていましたが、日本でも7月22日に配信されました。そのため、SNSなどではこの話題で持ち切りです。ポケモンは僕の年代がどストライク世代で、1996年に赤と青が出て小学生の頃に流行りました。特に当時僕たち小学生の影響力は強かったと思います。それからカードやアニメも流行り、米国でも爆発的な人気になって世界に広がったという具合でしょうか。僕は移動をかなりするタイプなので試しに始めてみましたが、家にいる時にしかまだ開いておらず、ポッポくらいしか捕まえていません(笑)

イスラエルの大統領もポケモンGOで遊んでいたことを自身のFacebookに投稿していたことが話題になりました。イスラエルが公邸内の写真を公開するのは、中々のことだと思いますが。

参考)

www.gamespark.jp

 

・ハーグ仲裁裁判所が中国の南シナ海支配を否定した判決

7月12日にオランダ・ハーグの仲裁裁判所は、南シナ海での中国の主権を全面的に否定する判決を下しました。これに対し中国は猛反発し、これを「紙くず」としています。本件はフィリピン南シナ海領有権に対して提訴していたことから始まりました。個人的にはフィリピンが提訴する動きになったことは中国にとって想定外であったかと思います。下記の記事によると、国連管轄下の国際司法裁判所ではなく、国連管轄下ではない仲裁裁判所に提訴したことは、中国が国連安保理に異議申し立てできない点で逆に影響力があったのではないかと書かれています。日本の外交戦略としては、今回の結果はプラスに働いていると思いますが、ASEANがどう捉えるかも注目される所です。

参考)

www.newsweekjapan.jp

 

・アフガン大規模な爆発テロ発生

7月23日にアフガニスタンの首都カブールで、犯行声明を出したイスラムによる爆発テロが起き、80人が死亡するという大惨事が起きました。バーミヤン州に多く住むハザラ人という少数民族によるデモの最中に起こったようですが、ハザラ人はシーア派であることから狙われたとも言われています。シーア派ということで彼らはスンニ派タリバンからも標的になりやすいらしいです。しかし、アフガニスタンでは同じスンニ派イスラム国とタリバンの勢力争いで衝突することがあり、今年3月が記憶に新しいですが、両勢力による衝突からの民間人の被害も度々起きていて混沌としています。

参考)

www.nikkei.com

 

・ロシア陸上選手五輪出場停止

リオ五輪が近いにも関わらず組織的なドーピング問題で揺れているロシアですが、スポーツ仲裁裁判所はロシア陸上選手の訴えを棄却し、(一部を除いて)彼らを出場停止としました。ロシアは組織的なドーピングに対して隠ぺいしている疑いが強く、世界反ドーピング機関IOC国際オリンピック委員会)に対してロシアにリオ五輪への出場を停止するよう勧告したようです。そのため、ロシア選手全体が出場停止に追い込まれる可能性も出ているのだとか。プーチン大統領はおそらく米国や西側の政治的仕業と発言することでしょう。こう考えるとオリンピックはやはり、どうしても国家の名の下に行われる競技なので、真面目にやっているつもりだったロシア人選手は不憫ですね。ドーピングの疑いが常にあったソ連の流れを組む国というのもありますが、ロシアって国際社会に中々溶け込めないですね。

参考)

www.bbc.com

 

ミュンヘンで銃乱射事件

7月22日にミュンヘンで18歳の少年による銃乱射事件が起き9人が死亡したとのことです。前の週にバイエルン州では斧を振り回す事件などが発生していました。この銃乱射事件に関して、ミュンヘン警察はISとの関連性はないと見ています。というか、そもそもISによる組織的な犯行は中近東以外ではどれだけあるのでしょうか。

 

この犯人は2011年にオスロノルウェー)でテロを起こしたブレイビク氏に関心を示していたようです。このノルウェーのテロリストは日本や韓国のような(ほぼ)単一民族の国を理想としていたとされ、ノルウェーでは右よりで過激派でした。ただ今回の事件の犯人はイランとドイツの二重国籍を持つので、いじめ等、色々と精神面で追い詰められていたのかもしれませんね。

参考)

www.asahi.com

参考)

www.huffingtonpost.jp

 

・ニース大量殺人事件

7月14日に南フランスの観光地であるニースでトラックが人混みに突っ込み、84人が死亡したとのことです。僕も夏前にこのニースを訪れたことがありますが、多くの観光客が犠牲になってしまったと思われます。事件当日はフランスの革命記念日であったり、容疑者がチュニジア国籍を持つことから様々な憶測を呼んでいますが、それについては下記コラムでまた後述します。

参考)

www.cnn.co.jp

 

・トルコで軍部がクーデター未遂

7月15日にトルコで軍の一部がクーデターを起こすも未遂に終わる事件が発生しました。このクーデターにより200人を超える犠牲者を出しました。反乱勢力がテレビ等を利用してクーデターだと伝えていたようですが、実情は軍の一部によるトルコ国内におけるテロという意味合いに近いようです。国際社会からの支持も得られず、国民もこのクーデターに抗議するデモ等を起こしていました。エルドアン大統領は反乱勢力の粛清を行っているようです。

参考)

www.newsweekjapan.jp

 

・エジプトのパピルス文書初展示

世界史で学んだ方も多いと思いますが、7月14日に古代エジプトパピルス文書がカイロの考古学博物館で公開されたことが発表されたようです。ギザのピラミッドの工事の詳細が記載されているこのパピルス文書は、2013年に発見されたようです。エジプト文明に関する考古資料はこれからも次々と発見され、さらに真実味を帯びていく気がしてワクワクしますね。僕もこの博物館に訪問したことがありますが、ツタンカーメンの黄金のマスクなどを見ることができて人気です。

参考)

www.afpbb.com

 

★今週、気になったコラムを紹介★

toyokeizai.net

ニースで起こったトラックが人混みに突っ込んだ事件に関して、上記コラムでは過激派とは無縁の大量殺人事件として綴られています。当たり前のことではありますが、犯人がアラブ圏の国籍を持っているからと言ってイスラム教に起因するテロではないことが書かれています。実際にISのテロはイスラム教徒の方が逆に多く狙われていると個人的には考えています。また、欧州におけるテロの犯人に二重国籍者が多いのも、移民という立場で社会的なストレスを感じやすいからでしょう。いじめを受けていたかもしれません。そんな自分を勇気づけるためにイスラム国の名を借りる犯人もたくさんいると思います。

 

つまり根本は心の病や社会の闇だと思います。人生はうまくいかないことだらけなので厭世的になる、また移民の立場は全体的に低いと(思い込んでいる)ため欧州内の白人でうまくいっている人が目につき、その社会的地位を羨ましく思ってしまうみたいな。米国では低所得者の白人などが、仕事がないのは移民のせいだと(思いたく)トランプ氏の発言に賛同したがるように。東京の秋葉原の通り魔事件も似ている側面があると思います。人間は誰でもこのような人生に関する悩みは起きると思うので、「なんで俺だけ・・」ということをグチグチ考えないように、僕はなるべく自意識をなくしていこうと思っています。

 

mainichi.jp

シリア人アーティストや反体制派がシリアを舞台にポケモンGOを使ってシリアの内戦の惨状を訴えるキャンペーンを始めているようです。個人的にはシリアのニュースは毎週チェックしていてシリア難民の友人もいますが、何も知らない人からしたら、単純に危ない所だとか、難民なだけなのにISに疑われるという飛躍したイメージを持たれているのが現状です。なのでこれを機に広く知ってもらえれば良いですね。しかし、投票率と同じで、多くの人が知れば知るほど、内戦が解決していくものなのかはよくわかりませんが。

 

以上です。皆さんが気になったニュースはありましたか?次週も宜しくお願い致します!

 

※微力ながら極東、中東、ヨーロッパなどの国際関連ニュースの簡単な解説を個別にも行っております。質問や国際情勢に関して興味がある方はこちらから、基本的なことでお構いませんので、ご連絡くださいませ。また万一に情報に誤りがある場合はご連絡いただけると幸いです。そして、記事のリンク先の有効期限切れにはご了承ください。

 

RYOJI

 

関連記事