読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

No.357:週刊国際ニュース.Vol.50


Newspapers B&W (3)www.flickr.com

こんにちは。先週に続いて勝手に独自の視点で語る週刊国際ニュースVol.50をお届けします!日本だと雰囲気的に国際ニュースがフォーカスされづらいのと、もう少し幅広い地域のニュースを知れたら良いよな・・と思っているのもあって、自分から日本人に関連ありそうな?国際ニュースを書いてしまおう!と思い毎週更新しております。

 

今週気になったのは、スイスでベーシック・インカムの訴え、コンゴ政府が北朝鮮から中央アフリカPKO向けの武器を調達した疑い、オバマ大統領がフィンランドのメタルシーンを語る、イラクで連続テロ、シリアで大規模な戦闘、エジプト航空機墜落、小泉元首相が被爆を主張する元米兵の支援表明、元米兵が沖縄で死体遺棄容疑、ロンドン市長選に出馬したシーシェパードのスポンサー、オバマ外交の振り返りなどなどです。

 

www.afpbb.com

5月14日にスイスのジュネーブで、活動家などがベーシックインカム制度の導入を市場最大規模のポスターで訴えたようです。オランダやフィンランドで本格的に検討された際に話題になっておりましたが、これは国民に無条件に生活する上で最低限の所得を支給する制度です。言い方をネガティヴに変えると、仕事をしなくてもお金が入り生活ができる制度です。今は江戸時代のように本当に食うために農業をしている人は殆どおらず、結果的に必要ではない仕事を惰性でやっている人もいれば、もう片方で仕事が大好きだったり、クリエイティブな人は一人で生産性が高い人もいるので、先進国からモデルケースを提供してもらえればと個人的にには思います。

www.afpbb.com

5月14日にコンゴ民主共和国(旧ザイール共和国)は、北朝鮮から調達した拳銃を中央アフリカ国連PKO要員向けに支給しているという指摘を受けたことに対して否定したとのことです。(北朝鮮は3月2日に国連から制裁を受けている国で、武器輸出も禁止されています。)中央アフリカについては、治安維持にあたるはずの国連PKOが一般市民を傷つけるなど不信感が高まっています。コンゴ民主共和国は、大虐殺で悪名高い隣国ルワンダツチ族フツ族の争いによって、フツ族の難民がコンゴ民主共和国に移りすんだことで内戦(コンゴ紛争)が起こった国でもあります。

 

 参考)

中央アフリカ共和国PKOトップが解任: 中央アフリカで展開されているPKO国連平和維持活動)の兵士らが住民へ性的暴行を行っていたことが発覚しました。住民が殺害されたケースもあるとか。そのため、12日に国連の潘事務総長はPKOトップを解任したとのことです。PKOの活動としては言語道断のことが起きていますが、それほど人がおかしくなってしまう厳しい現場なのでしょうか・・

No.244:週刊国際ニュース.Vol.11 - 世界の記述 

 

www.gizmodo.jp

先週のニュースですが、ロシアへの牽制やクリーンエネルギーの開発など米国と北欧5カ国がワシントンで会談を行っていましたが、オバマ大統領がフィンランドへヴィメタルシーンについて語るという一幕があり、へヴィメタルバンドの多さとフィンランド政府の評価の高さに相関関係があるのか・・などと言い記者等に笑いを誘っています。実際にメタル好きには、寡黙でまじめな人が多い印象はありますが。また、日本では北欧メタルとも言われますが、中でもフィンランドのメタルバンドの多さは際立ちますね。あの国のサブカル面ではムーミンとメタルバンドが二大巨頭でしょう。首都はヘルシンキ(Helsinki) ですが、それを文字ってHell(地獄)sinki というメタルグッズ店もあります(笑)これはメタラーにとってはたまらないニュースとなったことでしょう。

www.cnn.co.jp

5月14日に米国のアトランタで開かれた航空ショーで事故が起きたようです。僕はこの手のショーは見たことはないですが、事故が起こる度に各国で航空ショーが開かれていることを知ります。一度も見たことがないので、空軍のアピールなのか、お客さんを楽しませるものなのか、なぜそもそもこのようなショーが起こっているのだろうかと気になって調べてみました。こういう場所では航空ショーだけが行われている訳でなく、一般人に対して軍に関する情報を公開する義務もあったりするので、軍への理解を深める総合イベントにもなっているらしいですね。関東だと所沢でも航空ショーはやっていたかと思います。ご冥福をお祈りいたします。

jp.reuters.com

英国のEU離脱を問う選挙が来月6月の国民投票で行われますが、こういった離脱を仮定した後の格付け予想のニュースがこれからどんどんと増えるでしょう。ギリシャ危機のように。英国と他のEU諸国との結びつきは日本人なので全くわかりませんが、ドイツと同様にEU諸国にお得意様が多いと思うので、政治的には離脱したい状況は多くても、できないと言った具合になるのでしょうね。

www.yomiuri.co.jp

5月17日にイラクの首都バグダッドで悲惨な3件続くテロが起こってしまいました。シーア派を狙ったとして、イスラム国は連続に起きた3件のテロのうちの2件の犯行を認めているとのことです。

www.afpbb.com

5月18日にキリバスの漁師2人が5日間太平洋を漂流していたものの、ニュージーランドの捜索機により6分で発見されたとのことです。海の遭難は山と比べて体力の衰弱が早くなる上に捜索が難しいと思うので、捜索エリアが適格な人がいることは心強いニュースです。

www.yomiuri.co.jp

5月17日に小泉元首相が米国のカリフォルニア州を訪問し、東日本大震災被災地支援で被爆したと主張する米海軍の元兵士らと面会したとのことです。彼らは東京電力に対して集団訴訟を起こしており、小泉元首相も健康被害を聞くにあたり、「見過ごせないことだ」として、涙も流したとのことです。小泉元首相は元々反原発を訴えており、米軍はトモダチ作戦として被災地支援を行っていた背景があります。小泉元首相が動いていることもあって、鳩山元首相の時のように国内の政治的なデリケートな問題にも発展しそうな気もします。

www.afpbb.com

5月17日にシリアのダマスカス東郊にある東ゲータという地区で反政府派の中で敵対する組織同士が衝突し、一般市民を含む50人以上が死亡する事件が起きました。サウジアラビアから支援を受けているイスラム軍とアルカイダ系のアルヌスラ戦線との戦闘とのことです。また、イスラム軍に関しては、途中で中断することになってしまった国連主催のシリア和平協議にも参加していたとのことです。シリア和平の特使であるデミストゥラ氏には両組織との調整も図り和平会議を再開して欲しいものです。

mainichi.jp

5月19日に乗客66人を乗せたパリ発カイロ行きの飛行機が消息を絶ち、フランスのオランド大統領は墜落を確認したとのことです。エジプト航空当局はテロにより撃墜された可能性があると発表し、確認を急いでいる所です。また、ギリシャによるとエジプト領空(地中海)上空でレーダーから消える前に急降下したとのことでした。

www.asahi.com

沖縄で元米兵の男が死体遺棄容疑で逮捕されたことを受け、日本の岸田外相は駐日米国大使を呼び遺憾の意を伝えたとのことです。元米兵とありますが、米兵は任務を終えても日本に一定期間滞在できるビザでもあるのでしょうか。もちろん仕事や結婚をしていれば別ですが…日米地位協定はよく知りませんが、事件が起こるごとに滞在条件の見直し等も考えて良いのではないかと素人ながら思います。米軍そのものが悪い訳ではないのですが、体制に問題があるのは事実で、他のパスポート(国籍)の信頼度もそんな形で決まっていってくものだと思いますし。

 

★今週、気になったコラムをご紹介★

www.msn.com

記事では女性嫌いではと批判を受けることもあるトランプ氏について、女性に対してもう1つの顔があると論じられています。彼はメディアで活躍していたこともあったらしく、それもあってかマスコミの使い方がうまく、多くの国ですでに話題の人になっています。僕もこの件(大統領選)でトランプ氏が何をやっていた人か知るようになりました。この記事の内容もその傾向の一つかなと思います。トランプ氏は女優との論争で「太ったブタ」と言うなど女性を蔑視していると思われる一方で、女性のキャリアアップを促す言動があったり、女性の雇用を増やしたりと反対の顔も持っているようです。つまり実際はそういうことを行っているからこそ、マスに向かって過激なことを言える部分もあるでしょうし、そもそも逆の側面をメディアは取り上げることも予測しているかもしれませんね。

top.tsite.jp

先日のロンドン市長選で初めてイスラム教徒の市長が誕生したとして話題になっておりました。ロンドン市長選で彼に対抗したのはゴールドスミス氏という人物で、記事によると彼はシーシェパードのスポンサーだったとのことです。シーシェパード設立者のポールワトソン氏への報酬にも絡んでいたのだとか。相手をイスラム教徒であることからISのメンバーと言いがかりをつけたりと、トランプ氏のような過激な発言もしていたようです。

wedge.ismedia.jp

オバマ大統領は弱腰外交と呼ばれて常に批判されていました。その中でもプラス面もあってか(?)ノーベル平和賞も受賞していました。そんな彼の8年の外交が総括されている内容の記事になります。特に米国は世界の警察としての役割を求められている部分がある一方で、オバマ大統領の時期は世界における米国と諸外国のパワーバランスが低下し始めている所もあって、大統領の決断とは別の所に原因はあるかなとも個人的に思いますが。


以上です。という訳で皆さんの興味があるニュースはありましたか?翌週もよろしくお願い致します!!

 

※微力ながら極東、中東、ヨーロッパなどの国際関連ニュースの簡単な解説を個別にも行っております。質問や国際情勢に関して興味がある方はこちらから、基本的なことでお構いませんので、ご連絡くださいませ。また万一に情報に誤りがある場合はご連絡いただけると幸いです。そして、記事のリンク先の有効期限切れにはご了承ください。

 

RYOJI

関連記事