読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

No.282:ビザと結婚

雑感

Marriage Matrix of Shirakawa-go : 白川郷の嫁入り

Toshihiro Gamo

 

これは一重に愛国心というか「愛郷心」に他ならないが、日本に来てみたいという外国人を増やしたいと常に思って、僕は彼らを刺激したりもする。まだ本気度が足りなく、お金も発生していないため、ボランティアのようななぁなぁな活動になっている。

 

この前、友人が行くことが夢でもある日本へ行きたいと言っていて実際に計画していたので、「そろそろ日程決まった?」と連絡するやり取りをした。観光ビザが必要な国という日本と遠い国のため尚更ぼくは気合が入っているのだが、当人はあれや政治のせいにしたりグダグダしていてまだ進んでいないようだった。

 

大体、ビザを発行するためには第三者からの招待状が必要になるが、そういう国の旅行代理店は大使館とコネクションがあったりして招待状を発行するビジネスをしているものである。やはり、この国出身の別の友人に聞いたら100ドルくらいで招待状を代理店経由で受け取ることができるらしい。

 

それを告げても、結婚していないから無理とか、色々なことをやりもしないで考えていた。友人だけど、まさか自分に招待状を無料で発行してもらいたいのか?100ドルくらい、その国では頑張れば稼げるだろうと。なぜ、夢のために消費を抑えないんだと。初めて友人を疑ってしまって罪悪感が…。しかし、本当に来たかったらドンと構えるべきだと伝える。

 

この友人は長い付き合いで本当に日本が好きなのは知っていて、また観光のレベルなので全く違うが、ビザ目的の「結婚」などで騙される人は結構いるようだ。僕は一切そんなアプローチを女性から受けたことがなく、別の友人の助言でなぜかそんなことを今日は思い出してしまった日だった。そういう訳で今日は結婚詐欺について書きます。

 

日本の若者は金持ちもいるが、殆どが僕のように金持ちではないし、サラリーマンでも昔のように賃金の上昇が望めない時代。しかし、昔の印象でまだ日本人は金持ちだと思っている国の人もいる。そんな「金持ちの日本人と結婚したい!」と思って近づく人がいるからなのかもしれない。

 

金持ちとは相対的なものなので、実際にどこかの国の20代に比べれば実際に金持ちなのだろう。だけど、日本においては僕達は金持ちではない。まず、そこの日本の現実を知って欲しいなと思う(笑)もしかしたら、オジサンが若い女性に狙わているだけなのかもしれないが。

 

しかし、お金以外にビザ目的の彼らは日本のインフラの良さや永住権の利便性に魅かれるのだろう。僕は明らかに金持ちではないが「日本人であること」で得していることは沢山ある。家族や友達がいること、日本は仕事などで信用における人の割合が高い、インフラが良い、安いご飯さえ美味しい、パスポートに信用力がある、などお金よりも社会基盤そのものに利点があるから。(金持ちにとっては税金が本当に高い国だけど・・)

 

僕は友達レベルでも、ビザのサポートなどに関しては情報提供はするものの、招待状のサポートはしない姿勢でいる。友人を疑っている訳ではなく好きなのだが、むしろ本当の友達ならそういうサポートを必要としないハズ。友人にこそ甘い支えは不必要だ。実際そういうタイプの友人が多くて恵まれているのもある。本性丸出しで色仕掛けしてきた外国人女性はいたが、友人ではなかったので完全に無視した。

 

こういう女性は真面目に来ようとしている同国の人に迷惑になっているとも思う。どの国の入管も国籍によるイメージができてしまうものだから。ヨーロッパのビザに関しては日本人と中国人だったら中国人の方がしっかりとチェックされてしまうのだろう。それは、差別好行為にあたるが、不法滞在者数などが起因している現実的な問題。

 

結婚による詐欺に関しては、財産など色々な物を奪われ、かつ慰謝料まで請求されることもあるので悲惨な所だと思う。国際結婚を斡旋する「業者」などに出会いを頼んだら、最初から結婚が目的になるから、残念ながらその可能性は高まるとは思う。自分から外国で声をかけた人とか、自分の信頼のおける友人から紹介受けた人とか、自分から動いて見つけた人が一番信用できると思う。

 

もちろん日本人であろうが結婚となると「お金」に関してはシビアになる所だと思う。また、色じかけと言っても、日本に興味がない外国人女性から普通に自撮り写真が個別に送られてくることもある。なので、それを単純にお金目的だ、結婚目的のための色気で近づこうとしていると言うこともできない。

 

そう言っていたら異性の全て疑うことになってしまって人間不審に等しいし、ましてそれが外国人だからだと考えてしまったら外国人差別だ。なので、この線引きは理論では語れないので難しい所。ただ、こういう事件もあるのだということは知らないといけないかなとは思う。

 

という僕は、国籍とかはどうでも良く、正直人種とかも全然気にならないんですよね。しかし、今は全く結婚に興味がないので被害には遭わないと思う。興味がないって・・・今はお金がないので難しいだけで強がっているのかもしれませんがね…(笑)

 

RYOJI

広告を非表示にする