読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

No.341:イースター島(チリ)にて

南米 チリ

f:id:ryoji_japan:20160321153837j:plain

こんにちは。先週に引き続き水曜日は人との出会いを含めた旅コラムを書いていこうと思います。今週はイースター(復活祭)ということで、チリのイースター島(現地名:ラパヌイ)についてです。

 

前回書いたのサンティアゴの記事の続きで、僕はサンティアゴから再チャレンジしてイースター島へ到着した。イースター島は復活祭(イースター)の時にオランダ人が18世紀頃に発見した島で、領土争いなどを経て(戦前、日本への譲渡案もあったそうですが)現在はチリに所属している南太平洋に浮かぶ島です。現地の名前ではラパヌイと言います。

 

今は交通の便も良くなり、ペルーのリマやタヒチからも行けると思うが、僕はチリの首都サンティアゴから5時間程かけて向かった。一度遅刻して、この飛行機に乗れなかったので、二度目のサンティアゴ空港へ(笑)

 

サンティアゴの空港では当時の僕と同じ大学生の日本人女性と会って話した。エクアドルのキトで日本人の友達と会う約束しているみたい。キトからガラパゴス諸島に行くんだろうなと少し羨ましく思う。ペルーのリマまで旅のルートが重なった。そんなこんなでイースター島の空港に到着する。

f:id:ryoji_japan:20160321153658j:plain

ここがあのイースター島か!と想いをはせながら到着した旅人も多かっただろう。僕もかなり興奮していた。「早くモアイを見たい!」と。

 

この島はポリネシア系の人々が移り住み、縄張り争いからモアイ建造競争を繰り広げ、また壊したため、島中に倒れたモアイが存在している。ポリネシア系の人々は台湾から南下して、フィジー、ハワイ、ニュージーランドなどに移りこんだ人々として有名です。

 

f:id:ryoji_japan:20160321153723j:plain

モアイ文明の際にその建造のために大量に森林伐採が行われたようですが、自然も堪能。(写真は噴火口です)

 

f:id:ryoji_japan:20160321153744j:plain

さすがイースター島、モアイを至る所で発見する。同じ方向を向いているモアイになんか癒される。そして、島は意外と広いことに気づく。そのため車で移動した。

 

f:id:ryoji_japan:20160321153803j:plain

モアイに触るのは禁止なようだ。この島しか存在しない注意の看板が面白かったので、写真を撮る。

 

f:id:ryoji_japan:20160321160622j:plain

誰もいないビーチ。観光地だけども、バカンス目的な人は少ないため、リラックスしながら自然なプライベートビーチを堪能できた。と言っても、ガッツリ観光したいので、1時間くらいで海は出た。

 

f:id:ryoji_japan:20160321160608j:plain

海岸沿いで夕陽を見ていたら、日本人に声をかけられる。タヒチから来たらしい。成田空港からタヒチは直行便があるので、一番早い行き方かもしれないなぁ。彼はこの島に長い間滞在するよう。面白い人だったな。一緒にお祭り出ることになった。

 

そう、その翌日には今回のメインであるTAPATI(タパティ)というイースター島のお祭りにがあるのであった。イースター島の歴史と関連していると思うが、2人の内1人を島の女王として決める連日続くお祭りで、2チームに分かれる。

 

観光客は最終日?にあるパレードのような物に参加でき、僕も片方のチームに参加して、体中ペインティングしてパレードした。ゴールで、採点をされるがアナウンスでは10点満点中わずか4点。「クアトロ(4)!?なんで?」と聞くと、おじさんは僕の露出が足りないとのこと(笑)

 

どれだけ露出できるかが重要だったらしい。ゴール付近で日本人の男性と会ったが、その人はほぼ露出していて、写真はさすがに見せられない(笑)また、お祭りのドキュメンタリー映画の撮影のために来ている日本人もいた。

f:id:ryoji_japan:20160321153818j:plain

終わった後に商店街に行って旅の道具を買う。人口が疫病などで激減したため、ルーツ的にはチリ本土の人が多いからか、店員さんにラパヌイ語で挨拶するもわからないようだった。普通にスペイン語が飛び交う島だった。

 

僕は行ったことはないが、日本で料理を学んだシェフによる日本料理屋の「甲太郎」という店がある。そして、この島の代表的な海沿いに並んでいるトンガリキのモアイだが、チリ地震による津波で倒れてしまった模様。

 

30年程前にモアイの特集をしていたテレビ番組の「世界ふしぎ発見」で黒柳徹子さんが「誰か建て直せば良いのに・・」とつぶやいたことをきっかけに、日本の企業が建て直した逸話があったりと、日本と関連のある島だったりする。

f:id:ryoji_japan:20160321230210j:plain

 

皆さんも(高いですが)ゴールデンウィークを利用して行ってみてはいかがでしょうか?

  

RYOJI

 

 

 

関連記事