読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

No.323:ここ1ヵ月で観た映画


movie

Sweetie187

 

先月に某通信キャリアに乗り換えてスマホと共にタブレット端末も替えたが、初めの月だけ無料で映画や音楽が聴き放題のプランが組み込まれていた。必要ないので、忘れないようにすでに解約しているが、どうせ組み込まれているななら・・と映画は観ることに。

 

12月にスターウォーズが話題になっていて、全くアメリカ映画に詳しくないということを客観的に思い知った(邦画はそれなりに観ます)。しかし、それからと言うもの、時間があれば友人にLINEで、またスポーツをしている間に色々と米映画について聞く日々。アンハサウェイ、トムハンクス、ハリソンフォードが誰かを知らないことに驚かれたりした。あまり観ていなかったのは小さい頃に吹き替えを観て、自然な日本語じゃない所が嫌だったのが影響しているかもしれない・・

 

www.instagram.com

 (なので今月は「プラダを着た悪魔」も観た。)

 

スターウォーズ公開日はFacebookで世界中の皆が投稿していたので知っていた。日本では輸入映画は遅れて公開される物だと思っていたが、どうやら同時公開みたいだった。スターウォーズなら焦らさなくても興行収入は得られるからだろうか。とは言え、国際的には同時公開は普通だと外国人からよく言われる。

 

日本だけ?が遅れて公開されているのならば、特別な映画事情がこの国にはあるのかもしれない。僕は2013年の年末頃に外国の友人から「FROZEN」を教えてもらった。「何それ?」という感じだったが、日本に帰国した夏頃かに「ありの~ままの~」と流行っていた。え、、これって大分前に友人が話してた映画じゃん!と時間軸が混乱することも(笑)

 

日本で遅くに公開されるのは、僕みたいに外国映画を観ない人もいるため配給会社などがある程度の集客を見込んでから公開したい思惑があるかもしれない。ちなみに2月5日に公開される「オデッセイ」という映画は先月に飛行機の中で観ようか迷っていた映画だったが、これも最近公開されるみたいだった。

 

これだけの情報化社会だと、この時間差は逆に映画離れにつながりそうな気もする・・どこかで映画マニアの人やファンの人は「やっと日本で公開するのか・・」というタメ息をついているかもしれない。

 

そんな感じで、ここ1ヵ月は時間を作っては映画を観ることにしていた。先月末にドバイに行った際に機内で日本映画「日本のいちばん長い日」を思わず観てしまうが、ハリウッド映画を観ようと「オデッセイ」か「アデライン、100年目の恋」で悩む。昔の映画みたいで面白そうと思って後者のアデラインを観た(実際は2015年公開で新しい映画だった)

adaline100.jp

ストーリーはアデラインが事故により年を取らなくなってしまい、男に口説かれては身元を隠す。娘が母より更け、母親の方が口説かれているというシーンはどこか切なかった。そんな中、昔の彼氏の息子に偶然口説かれてしまう。アデラインが男の家に行った際に、その老けた父親(元カレ)に「アデラインにそっくりだ・・」と気づかれる。そこでもアデラインは自分の正体を隠す・・・

 

と言った具合で、この前友人と話し、「この父親役が良い味出しているんだよ~誰か知ってる?」って聞くと、その俳優はハリソンフォードだった。かなり有名な人。ハリウッド女優は、Instagramを利用していることが多いらしくヒロイン役のBlake Livelyをフォローしてみた。女性ファンが多そう。しかし、彼女はほぼ僕と同い年なのにやるなぁ・・。

 

www.instagram.com

 

※少しマイナーですが、この映画のハリソンフォードの息子役の人(ミキール・ハースマン)が出ている映画も今週観ました。こうやって俳優の名前を憶えていくんだろうな。

 

www.foxmovies-jp.com

 

この映画は何かの自叙伝が基になっているみたいだったが、バックパックを背負って旅している絵だったので共感して観てみた。亡き母親を想いながら歩くヒロイン。そこまで印象に残らなかった映画で途中サボりながら観ていたが、2013年頃に亡き人を思いながらアメリカを横断していた日本人の「東京サーカス団よし」さんを思い出した。彼は今日本を縦断している。子どもがRed River Valleyを歌っているシーンはきましたね・・。旅を思い出しました。

 

他に観た映画の中で良かったのは・・・・

あの頃のペニーレインと

バンドメンバーにとってペニーレインは一人のグルーピーという存在に過ぎなかったが・・ある少年との出会いにより・・

 

8マイル

エミネムの半自伝的な映画。

 

マネーボール

マネーボール [DVD]

マネーボール [DVD]

 

 野球好きなら分かるジンクスも垣間見えたり・・。

 

また「幸せの教室」も観た。トムハンクス主演映画で、やっと顔と名前が一致した。内容は職を失った後に遅れて大学に入ったトムハンクスが授業の先生と出会い・・・不愉快にならない単純に良い映画だったと思う。

幸せの教室 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

幸せの教室 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

 

 

そして最後は水曜日の仕事後に映画館で人生の約束(邦画)を観た。生や死がテーマだったので興味深かった。映画の中で「42歳は人生の踊り場、過去も見えるし先も見える」と言うシーンは印象的だった。僕はどちらも見たくないけど。

人生の約束 (幻冬舎文庫)

人生の約束 (幻冬舎文庫)

 

 

足を痛めて運動する時間が削減されたのもあり、結構時間作れて見たものだな・・と言うわけで時間があったら米映画はこれからも観てみようと思うのでした。

 

RYOJI

 

アデライン、100年目の恋 [Blu-ray]

アデライン、100年目の恋 [Blu-ray]