読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

No.300:クレームとハラスメントの多様化


ANGRY-ANN

Josh Janssen

 

世の中には同じような文句を延々と言う人が必ずいるようです。友人のお母さんは姑さんと常に仲が悪いらしいのですが、それは姑さんが常に文句を言うのもあるらしいです。しかし、完璧な人間などいないので誰もが文句を言われる対象になるえるとは思います。

 

大企業の取締役で権利があって仕事で周りから文句を言われなくても、家では家事が全然できずに奥さんにグチグチ言われているかもしれません。こうやって考えると人間ってお互い様が真理だなと思えます。しかし、大企業の取締役なら仕事のことで文句を言われるのはしょうがないとしても、家事ができないことを仕事の仲間から文句として言われるのは筋違いだとは思います。ただ、こういう筋違いの文句って意外と結構あるなと思います。

 

特に現代社会だといわゆる部外者で文句を言う人が多くなっている気もします。正当のクレームというよりも、ただの不満のはけ口になってしまっているというか。これを見るとやはり日本ってストレス社会なのかもしれないなとも思いますが。前に不思議な現象だなと思ったのは、猿のシャーロット命名騒動が起こった時でした。

 

大分の動物園が猿にイギリス王室と同じシャーロットという名前を付けたのですが、イギリス王室に失礼だと文句を言っている人がいたのです。しかも、それをイギリス王室に伝える人まで出たという騒動です。特にイギリス王室は気にしていないようだったので特に問題になりませんでしたが・・。

 

もしイギリス王室がその通りだ!と怒っていれば、正しいクレームになったとは思いますが、イギリス王室からしてみると正直「?」だと思ったと思いますね。これは何のクレームであり、なぜ日本人が怒っているのかと。イギリス王室に失礼と言っている人は、イギリス王室の気持ちがわかった気になっており、また猿を見下しています。なので、逆にイギリス王室に失礼なのではないかと僕は冷静に考えていました。

 

このように、当事者間で了承されている問題なのに、関係のない人がこれは問題だ!としてクレームを言うケースは多くなってきていると思います。例えば、会社とお客さんの取引が無事成立しているものなのに、あの商売は虚業だと関係ない所で怒っている人がいたり。または重箱の隅をつついたり。人は他人や周りのことがどうしても執拗に気になってしまう可能性がある訳です。

 

しかし、小さな問題でもネットなどから話題になっていくとと、会社が世間に対してお騒がせしたということで謝罪しなければいけない空気になるのも日本です。そう思うと日本は新しいことを始めづらい国になりつつあると思います。これが成熟国家と言えるのかもしれませんが。

 

その結果として、問題が起きないように起きないようにと自主規制に走ってしまって成長がし辛くなってしまう。特にテレビ番組はこれでつまらなくなっているとロンブーの淳さんはよく言っています。しかし、なぜ当事者以外の人が文句を言うのかというと、日本がストレス社会という漠然な解ではなくて、逆に日本は豊かになったからではないかと思いました。

 

例えば、細かいことまで気になるくらい生きるという意味での保障がされているということです。今の日本では飢え死にする人は皆無です。昔は今考えると問題な営業方法だったり、劣悪な職場環境な会社ばかりだった訳ですが、当時はそこまで細かいことを考える余裕もない時代だったので、そこまで問題にならなかったのでしょう。

 

例えば、それは発展途上国に行ってみるとわかります。どれだけあり得ないことが起こっているか。いちいちクレームをしているよりも、まず戦わないといけない感じになることがあります。旅行レベルでもケンカすることも多いですしね。そして、他人の細かいことを気にしている余裕がそこには生まれません(笑)

 

また日本はクレームだけでなく、パワハラ、アラハラ、カラハラなど、あらゆるハラスメントが増えているのも平和だからだと思います。心は別としても、物質的に豊かな証でしょう。ただ、そんな嫌な事ばかり気にしていたら社会が回らなくなってしまうと思うので、嫌な事よりも良いことの方を考えるようにと僕はしています。

 

自分の不満が言える相手だけを見つけるのではなく、褒めたいと思う人と一緒にいられるような環境づくりをした方がよっぽど健康的だと思います。それか、お互いが同じように文句を言ってスッキリして次の日の朝を迎えられるような関係作り。ただ、ずっと愚痴を言う人とは距離を置いた方が良いと思います。そういうムードが社会を停滞させてしまうので。・・という以上、僕の愚痴でした(笑)

 

RYOJI