読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

No.254:ニーズを漠然と探る

ビジネス

Business Baby Pointing

Paul Inkles

 

こんにちは。今は名古屋にいます。そんな今日は先週水曜日からの一週間で、こんなことにニーズがあるかもしれないとか、個人的にこんなサービスはあったらいいだろうなと歩きながら考えていた物を今日は書いていこう思います。

 

自分に考えられるということは、10000人以上は同じことを考えていて、実際に事業にしている人もいる気もしますが、つらつらとそんなものを書いていきます。ビジネスになるかというのは考慮せずに自由に書きます。

 

まず、ブログのアクセスからもそうですが、個人的には「精神的な悩みを解決して欲しいニーズ」はかなり存在していると実感しています。まず「人生や将来に対する不安」です。他には当ブログと関係ないですが「お金を儲けたい」、「異性にモテたい」など。こういった漠然とした悩みほどニーズは常にあると思います…

 

・占いサービス

 

僕は占いを全く信じない性格ですが、日本で占い師はそれなりに求められているなと思います。人生や将来について悩んでいる人はかなり多く、悩んでいる時は話を聞いてもらえる第三者がいることは嬉しいことであり、占いの場合は「運が悪かった」ということにして、モヤモヤしている悩みの根拠を知ることができる気になる所が大きいのかなぁと思います(占いを信じる人にとっては)

 

また、悩んでいる人にアドバイスをすることは逆効果になることもあるので、話をしっかり聞いて、「あれしなさい」「これしなさい」と言う訳でもない、「占い」という違う視点から相手の心を穏やにしてあげられる所に可能性がある気がします。

 

占いの世界は全く知らないので、占いが好きな人はどういう基準で占い師を信用するかはわかりませんが、占い師としてのブランディングSNSなどで成功して、LINEなどで占いを相談できる月額サービスがあると良いなと思うのでした。(もうありそうですが・・)

 

・ビジネスセミナー

 

お金を儲けたいというニーズにはインターネット上にある情報商材などを含めて、かなりの人が応えてきていると思います。何も動いていない人や楽をしたいと思っている人にとっては、そういった情報だけで良いかもしれませんが、すでに事業を動かしている人などは具体的なアドバイスを貰いたいだろうし、誰が書いているかわからない漠然としたビジネス書は信用できません。

 

そのため、実際に利益をあげている人に対してインタビューをして、彼らの具体的な体験記が記事としてまとめられているサイトはとても良いなぁと思います。また、(僕は経営者はスポーツ選手と同じくらい尊敬されて良いと思っているので)一般人でもヒーロー的な形で取り上げる。そこで、できたファンの多い経営者にビジネス講座を主催してもらい、読者同士のコミュニティが広がる場が増えれば、心強いだろうし良いなぁと思うのでした。サロンというのでしょうか…

 

日本人は何かを始める時に準備したり勉強したりすることが好きと言われています。そのため、すでにセミナービジネスというのは、かなり存在しているとは思いますが…

 

・出会いを作るイベント

 

「異性にモテたい」や、「孤独を感じるので人が恋しい」という悩みを解決するには、やはり「人と出会うきっかけ」が大事になってくると思います。すでに日本では合コン、街コン、相席居酒屋など色々ときっかけを提供してくれるイベントやお店があります。大きいサービスが「婚活パーティー」だと思います。知り合いも婚活イベントを開こうとしています。

 

これも多様化しているらしいですが、結婚前提としている人達が集うパーティと案に意味してしまうイベントよりも、男女が半々になるような、敢えて下心は何も考えずに「素で楽しいイベント」を開催するまたは紹介するウェブページやアプリなどを作るのも良いかなと思います。(実際にそういった開催されているイベントがわかるアプリはありますが、まだ全国を網羅している訳ではなさそうです)

 

・女性受けするイベント

 

個人的には女性向けのイベントは集客力があるし、何よりも新しくて楽しいだろうなと思っています。僕としても発見があります。また、僕は女性は男性よりも幸せでいることに敏感で、幸せなことをSNSでアピールしたいと思っている人が多いと思っています。料理の写真やペットや自撮りをアップするだけじゃ物足りない・・そんな人がSNSにあげたくなるような女性受けするイベントがどんどん増えると良いなと思います。

 

自分の幸せと言っても「共感」は大事です。そのため、ウサギが好きだったらウサギカフェのツアーなど共通の趣味を持つ仲間と一緒に楽しめるイベント、船上パーティーなどで(格安で)セレブ気分が味わえるイベント、皆と一緒にかわいい仮装ができるハロウィン以外のイベント、またAKBの「ハロウィンナイト」のような曲を皆で踊って収録するようなイベントとか…

 

セレブ気分になれるイベントにしても、高価なお酒を用意するなどの費用をかけずにできそうですし・・。僕は外国関連のイベントなら頑張って開きたいと思っています。特にアイルランドセントパトリックデーというお祭は仮装もできるし良い線をいっていると思っています。(セントパトリックデーの開催に興味がある方は問い合わせフォームでいただければと嬉しいです!)

 

参考)外来のお祭りが普及する時 - 世界の記述

 

・ベビーシッターとのマッチングサービス

 

上京して大学に進学して、そのまま東京の会社に勤めている女性も多いと思います。彼女達が結婚して子どもができると、近所付き合いもあまりない東京で両親も田舎にいるというケースで育てることになると思います。中でも子どもを施設に預けられない人は、子どもを安心してかつ費用をかけずに預けることができていない気もします。

 

そんな若い女性同士のコミュニティを作れるSNSだったり、(僕はベビーシッターの文化がもっと日本に広がると良いなと思っているので)ベビーシッターとのマッチングサービスもあると良いなと思うのでした。ベビーシッターの信頼はレビュー機能を活用する。しかし、費用は高くなってしまうのかな・・以上、僕には子どもがいないので完全なイメージや理想でした。

 

・メキシコ料理屋さん

 

メキシコ料理を経営している人には大変失礼な話ですが、イタリア料理やスペイン料理などに比べると東京のメキシコ料理は、あまり本格的ではないという意見をチラッと聞きます。僕は何が本格的なのかはわからない素人ですが、メキシコ人の友人がメキシコ料理と日本料理と合わせた食べ物を作ろうとしていたので、パッと浮かびました。

 

 ・タレント希望の外国人と芸能事務所の仲介

 

日本好きの外国人の中には日本でタレントとして活動したいと思っている人がチラホラいることを知っています。理由は日本に住みたいからか、ただ単に自分が認められたいなど色々な理由はあると思います。しかし、お金やビザの問題が現実の所で重要です。

 

日本人と結婚していてビザを持っている人はまだ良いですが、単身でツテがない人には厳しい状況。移民問題と関わるので国籍で左右されたり、会社の一存ではビザ発給は難しいかもしれませんが、雇う側の本音の部分の基準をある程度作って、彼らに前もって伝えてあげられないものだろうか・・と思うのでした。綺麗事は時間の無駄なので。

 

・最先端の医療を広めるサイトやイベント

 

医学は常に進んでいるにも関わらず、僕のように周りに医者の友達がいない人にとっては昔の知識のままで大人になってしまいます。ガンにしても新しい治療法や検査方法ができて、それが保険が適用できるとしても、中々一般人には広まりにくい印象があります。

 

偏見ですが少し医者の人たちは医者の人で固まっているイメージもありますので、ネット上に医療の広告を掲載したり、イベントを開いたりして、その橋渡しがもっとできれば、新しい治療法に対する不安などが解決されて日本人の健康が向上するのかなぁと思うのでした。

 

以上、今週にパッと浮かんだ、こんなものがあったら良いのにな・・でした。勝手にすいません。皆さんは、こんなものがあったら良いのにな…というものはどれくらいありますか?

 

RYOJI