読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

No.234:日本人の歯並びや歯周病について


Tooth-Care

Lutz-R. Frank

 

こんにちは。僕は男なのでイケメンかイケメンじゃないかみたいな括りはありますが、女性と比べてあまり容姿がどうこう気にせず育っているので、そこまで容姿にコンプレックスはない方です。しかし、自分の肌荒れ体質と「歯並び」は嫌な所だなと感じています。それ故、歯並びが良い人に魅かれます。

 

そんな僕は幼稚園児の頃(乳歯時代)に鏡を見て、歯並び良いじゃんと思っていたのを鮮明に覚えています(当時から歯並びは気にしていたんだな・・)しかし、その後に永久歯が生え、八重歯が生えたりと歯並びは良い方向には向かってくれませんでした(笑)小学校の頃に矯正はしないと判断したのは自分なので、自己責任ですが。

 

しかし、日本は歯科医院の数がかなり多かったり、インプラントなどの技術が高い環境があるのに、なぜか日本よりも歯並びが良い人が多いのだろうと世界を周ってモヤモヤしていました。そこで、お金を稼いだら歯は治したいなと思うのでありました。そんな今日は歯の健康について書きます。

 

このように他の先進国と比べての話ですが、(僕も含めて)日本人は男女問わず歯並びが悪い人が多いと言われています。まず、それは人種のルーツも少なからず関係しているのではないかと最初に思いました。

 

今は混血が進んでいるので一概に言えませんが、日本人の多くは東南アジアなどから来た縄文人とシベリアなどから来た弥生人(渡来人と言う?)の混血した遺伝子を持っていると言われます。縄文人は狭い顎で、弥生人は歯が大きいのが特徴で、そのミスマッチが歯並びに反映されているのではと個人的に推測しています。例えば、生えるスペースがないのに生えてしまう八重歯や、でこぼこに生えるてくる歯など。

 

親不知はどの人種でも生えると思っていましたが、ポーランドの友人で生えない人がいてビックリしましたね。これも顎の発達の遺伝と何かしら関係があるのかもしれませんね。(ちなみに、英語では「親の死に目に会えない歯」という意味ではなく、Wisdom tooth「知恵の歯?」と言います。)

 

しかし、日本人以外でも子どもの時から基本的にケアをしないと歯並びは悪くなるものだと思います。なので、ルーツよりも、「歯をケアする文化」の温度差が日本人の歯並びに表れているというのが僕の最終的な結論です。僕も小学生の頃、矯正は周りの友達がしていなくて「ダサい」からやりませんでしたが、アメリカでは中流以上の家庭であれば普通に子供たちは矯正していますよね。

 

また僕は八重歯が生えていますが、日本はこの八重歯がカワイイと思われたりする独特の文化もあります。不完全の美は日本らしいですが、僕は男ですし歯磨きも面倒なので正直八重歯は不要です。しかも、ヨーロッパなどでは八重歯はドラキュラみたいで嫌う人は多いですよね。ヨーロッパにも「すきっ歯」が美につながる不思議な感覚もありますが、歯医者さん的には八重歯の方が問題があるでしょう。

 

先日、僕は歯石(プラークを取りに歯科医院に行きましたが、その際に先生に矯正はどれくらい費用と時間がかかるのかを聞いた所、自分の場合はざっくり90万で時間は2~3年かかるとのことでした(笑)しかし、長い戦いだな・・。

 

僕が歯並びの次に意識していることとして、やはり「口内の細菌」についてです。やはり虫歯菌歯周病が悩ましい問題です。ちなみに歯並びの関係もあって、僕は両方をケアしないといけない人間です。特に「虫歯」は歯並びの関係で磨きづらい所から発生することも多いため、歯並びのケアとも密接に関係しますね。

 

生まれたての子どもの口内は無菌状態らしく、親の口移しなどから虫歯菌は移ります。この時に歯医者さんに確認した所、これは都市伝説ではないらしく本当だそうです。つまり虫歯が全く生えない人は、幼少期に無菌を維持できた人なのかもしれません。しかし、虫歯菌がない人は、その分歯周病菌の勢力が口内で増すので、いずれにせよ歯磨きは全員気を付けけなければいけません。

 

歯周病の末路は歯がポロッと抜けることですが、歯周病菌は歯石(プラーク)がたまることで繁殖するらしく、定期的に歯石を取ることが何よりも大事だと思います。僕は1年に1回は歯科医院に行っていますが、歯周病のことを本気で考えると半年に1回くらいの方が良いかもしれません。ちなみにキシリトール発祥の地でもあるフィンランドではこのプラーク除去に関する啓蒙活動は盛んなようです。

 

うちの祖父は80歳で20本の歯を残すことを目標としていましたが、入れ歯をせず食事を楽しむためにも、こういった所謂「80・20運動」は大切なことですね。そして、万一自分に子どもができたらこういう歯の教育は早めにしておこうと思います。特に見た目がどうこう言われやすい女の子の場合は。

 

Smile

Nana B Agyei(綺麗な歯でスマイル!)

 

RYOJI