読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

インスタでセルフプロデュース?

IT・通信関連

Selfie

Paško Tomić

 

こんにちは。「セルフプロデュース」というと意識が高くて、スキルとか成長とかそういう類に見えて自分は引いてしまう単語ですが、女性のセルフプロデュースについて今日は書いていこうと思います。

 

今日書くセルフプロデュースのツールと言えば・・Instagramです。僕も2011年頃からやっていて、ここ最近はサハラ砂漠にいたときを除いて2年以上毎日更新しています。僕の場合は旅行の写真なのでセルフプロデュースというよりもただの趣味ですが、セルフィー(自撮り)によるセルフプロデュースしている女性をよく見ます。

 

 

instagram.com

 

僕はフォロワーが300にくらいで、写真にも依りますが「いいね」の数が大体25~30が平均です。日本人で「いいね」付けてくれる人は、今確認してみると1,2人くらい。ありがとうございます!他は外国からですが、日本でも少しずつ流行ってきているそうです。

 

ロシア人はInstagramを他の国と同様に好きで、僕がロシアを旅行した時に立ち寄ったカフェのオーナーから「Instagramで写真を一緒に撮ってくれないか」と頼まれることがありました。外国人(日本人)である僕に興味深々でした。それから結構彼らの多くがタグ経由でフォローして見てくれていましたが、僕は世界の写真をずっとアップしていて「日本人という特徴」を生かしていない投稿だったので、今見てみると最近は彼らが少し離れていますね(笑)

 

そんな僕がヘビーユーザーとして思うのが、人物が写っている写真はかなり人気という所です。特にセルフィー(自撮り)ですね。実際に男性よりも女性が自撮りはすることが多く、僕がInstagramを覗く時に、女性の顔のアップが月々とあがっています。

 

自撮りをする心理は男女の違いに関係していそうですが、僕は自分の顔を自撮りしようと思ったことが全くなく、抵抗さえあります。というか男の自撮りは誰も見たくないですよね(笑)女性だったら何かサマになります。しかし、日本人の場合は女性も自分の顔をアップしている人が少ない印象があります。

 

フィリピンはまだFacebookが若い人にも人気なSNSです。僕が英語を学んでいた先生は僕よりも若い女性達だったのもあり、僕のFacebookのフィードは彼女らの自撮り合戦の場となることがあります(笑)

 

次に、ギリシャ旅行のつながりで知り合ったウクライナ人の友人も自撮り大好きです。彼女は昔から韓国に行きたがっていた人で、韓国語のタグを付けたりしてInstagramで自撮り写真をあげまくっていました。今ではInstagram経由で一部の韓国人男性のファンをゲットしていて、仲間も増やして楽しい韓国の旅行を実現できている様です。

 

少し戦略的ではありますが、日本に興味がある外国人女性も、日本語で投稿したり自撮りをするとある程度ファンができるかな・・と思いました。YouTubeだけでなく。実際にコスプレイヤーの友達にそうアドバイスしました。これが今日言いたかったセルフプロデュースです(笑)変な男が来るリスクもありますが、女性の特権を生かせるなぁと思うのでした。

 

instagram.com

(この女の子はハッシュタグ"リトアニア"でターゲティングをしている)

 

自分の可愛さや美しさを自己承認欲求として投稿するだけだと少し健康的ではないです。多分、疲れちゃうと思います。そこで、今はモデルもマスメディアではくInstagramのような個人メディアから登場する時代なので、世界に自分を発信することに興味がある人は、モデルのようにファッションを紹介することが最適かなと個人的に思います。

 

特に日本人女性は世界一オシャレだと思いますし、「かわいい」など日本人特有のブランドを活かしつつ、コーディネートを紹介して同じような体系の女性達から支持されるような形も良いかなと。または外国の友人では自分のダイエット記録をつけている人もいますね。ウエスト細くなってます的な感じで。こういうのも女性に支持されそうです…ハッシュタグ#Tokyo #Japan #Kwaiiなどすでに動いている人を参考にしてみて下さい。

 

 

instagram.com

(韓国の世界旅行女子。自分は世界を旅してますぜ!って恥ずかしくてキラキラできなかったので少し羨ましいかも)

 

・・・と日本人女性はあまり自撮りでセルフプロデュースをする人がいないから、それをすると世界にどんどんファンを増やせそうだなと思う今日この頃でした。一方、僕は顔以外でセルフプロデュースをして、世界に向けて日本に興味を持ってくれる人を増やすにはどうしたらいいか・・と考えているのでした。

 

余談)

とは言うものの、日本人はスマホユーザが多かったのか、昔からセルフィーをしている光景を旅先では見たことがありました。例えば、4年前に旅を続けていてロンドンに行った時にセルフィーがとても上手な日本人2人組と会いました。

 

ビッグベンとバッグにして絶妙に撮るんですよね。「こうやって日常のシーンも撮れるよ」っと、やらせで自然にご飯を食べている風景を撮ったりして一緒に遊びました。当時、周りのロンドン人は「何でこの人達は写真を人に頼んで撮らないんだ・・」という感じで不思議そうに見ていたのですが、今やスマホのおかげでどこの国でも見る自然の光景になりました・・。

 

RYOJI