世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

世界で必要な知識


f:id:ryoji_japan:20150327000051j:plain

フィンランドヘルシンキの景色)

 

こんにちは。先週の13日の夜から24日くらいまでアドレナリンが出っ放しで、かなり物事に集中できていたのですが、今は日本に帰った安堵感があるのか少しモチベーションが下がっています。(関係ないですが、アドレナリンってニセ科学ですかね?この前、ニセ科学について記事を書いたので慎重にならないと(笑))

 

さて、アドレナリン不足と関係はないですが、今日でちょうど約5カ月間毎日ブログを更新してきました。151日目の今日からは2日に一度とペースを緩めて更新していきたいと思います。もちろん、ブログはやりたいことの一つですが、自身の他の活動もより集中していきたいと思っているからです。

 

僕は世界に示せる専門的な力がないので、日本人の旅人として世界を周り、文化的な交流をメインに続けていきました。しかし、自分から話しかけていったのもあり、本当に色々な人と出会ったなと思い出します。今の所フワフワとしたものですが、そこで出会った多くの国の人の旅行や日本や世界に関する独特の考え方は、いずれ地元の東京に還元していきたいなと思っています。

 

こういった交流の中で一番面白かったのは、自分が訪れた地域の周辺についてより詳しく知ることができる所です。例えば、フィンランド人にはフィンランドだけでなくスウェーデンのローカルな観光地を日本人よりも知っていたりします。また、福岡の人は、大分や佐賀の美味しい食べ物を東京の人より知っていると思います。当たり前の話なのですが、国とは小さなコミュニティの重なりなんですよね。

 

日本人全体で見ても、やはり日本人としての考え方に縛られてしまう所はあります。個人的な感覚ではありますが、国際的な情報に関しては、やはり同地域のアジア、そして政治的に影響を受けやすいアメリカの情報が多く入ってきている印象がありますので。

 

自分も日本で育ったので同じですが、今日は下の世代の子供たちには、そうならずに世界を包括的に知る力を着けて欲しいなと思っていたりもしました。上から目線ですが(笑)

 

そのためには、最初に世界史を理解することは大事だと思っています。例えばヨーロッパの文化が好きな人なら新約聖書のマタイ・マルコ・ルカ・ヨハネによる福音書など4つの福音書を読んでいるのと読んでいないのとでは印象が違うと思いますし、アジア人がギリシャ神話やギリシャ史、ローマ帝国史を知っているだけで評価が高いと思います。特にギリシャ人の多くは歴史に誇りを持っていますね。

 

例えば、マルティンルターが16世紀に宗教改革をする際にローマ教皇から破門されるのですが、その時にザクセン候の保護の下でドイツにあるヴァルトブルク城に身を隠して布教の準備をします。これは世界史を勉強している高校生にとっては有名な事件ですが、このヴァルトブルク城の近く出身のドイツ人と話した時にマルティンルターの話をしたら、彼からドイツについて知っている日本人と思われました。(実際は神聖ローマ帝国の歴史はほぼ忘れていますが。笑)

 

歴史と政治は少し堅苦しい会話にもなると思うので、最新の音楽など、その国の文化を知っていることも距離が縮められたり、相手を安心させることができると思います。

 

次に、今は国籍がまだ影響力のある時代なので、日本人は最初に日本人として見られます。そのため、自国の歴史や政治的な意見を多少持っていた方が得すると思いました。例えば、今で言うと原発事故などは意見を聞かれると思います。こういった最近起きた大きな出来事について自分の考えをスパッと言えるとカッコいい日本人だなぁと僕自身も思います。

 

歴史に関しては第二次世界大戦における日本の影響は知っていた方が良いと思います。僕は日中戦争はあまり詳しくないですが、1941年~45年の日本軍の動きは一通り勉強しました。特に韓国や中国の外交カードにもなっていますし、日本に対してマイナスなイメージを持っている一部の人からは日本人は歴史を知らないと思われている可能性はあります。

 

そういった印象があると思われては困ると思って、僕は韓国にいたときに、韓国の歴史を三国時代新羅百済高句麗)から話して、日本人も歴史を知っているよとアピールしたことがありました。古過ぎですが(笑)予想した通り、彼らは驚いてくれて嬉しかったです(笑)

 

最後にテクノロジーや物理学かなと思います。何だかんだ世界を変えるのはテクノロジーだと思っています。政治や経済ではこの発展を抑えることはできないですし、文化までも変えていきます。特に日本には素晴らしい研究者が多いと思いますし、テクノロジーに関しては先進国にいると思います。

 

テクノロジーを生み出す張本人なるに越したことはないですが、そうでなくても最新のテクノロジーを理解していることは、世界を知ることにはつながると思います。最近、それに気づいたので僕も物理学は勉強しないといけないなと思っています。


以上、親御さんなどで自分の子どもが世界で活躍できる人間になって欲しいなと思っている人向けに、旅で得た僕の個人的な体験をもとに参考になれば良いなと思い書いてみました。個人的には国家に縛られないためにも、国家(自国)を知る必要があるということをモットーにしています。

 

複雑な国際社会をうまく、そして仲良く生きていけたら良いですよね。明日から2日に1度のペースになりますが、何卒宜しくお願い致します。


RYOJI

 

関連記事
広告を非表示にする