読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

比・露・波・烏国の印象


f:id:ryoji_japan:20141229055218j:plain

(ロシアと中国の国境でもあるアムール川にて撮影)

 

こんにちは。本日は一泊二日でボホールを旅行中です。先ほど、韓国の仲間が日本語の番組を見て大爆笑していました。日本のお笑い番組は韓国ですごい人気なイメージがあります。韓国も日本と同じで自虐的なネタに笑えるタイプの人が多いと思いますし、日本のテレビ局は積極的にコンテンツを売っていると良いな~なんて考えたり。また、最近はよく停電を経験しています。昨日は運が悪く、シャワー中に1時間の停電が起きるのでした。笑

 

さて昨日は年々予期せぬ形で縁のある国が増えてきている気がするということでラフに国について書きました。今日もまた昨日に紹介した以外の国(今いるフィリピンを含め、ロシア、ポーランドウクライナ)について一般的なイメージと個人的な印象を語っていきたいと思います。

 

・フィリピン(比)

台風地震など日本と同じ災害のリスクを抱える国。太平洋戦争では日米軍の激戦地となりました。台風被害は特に深刻で、日本と比べるとインフラが全然整っていないため被害はより深刻になります。個人的にはきっかけが掴めなかったのと、島国という交通の便が理由で中々訪れる機会がなかった国でした。最近はフィリピンへ英語留学ということで他のアジア人やロシア人に注目を浴びています。

 

人口は日本と真逆で若い人程人口が多い三角形状態のようです。その分の雇用は国内には足りず、移民を多く輩出している国で、色々な国でフィリピン系の人とは会いました。東アジアや中東など。国は決して豊ではなく、多くの人がそのことを自覚しています。

 

一般的なフィリピンのイメージとしては、バナナや観光産業でしょうか? 南北問題もありますが、国内は国内で男性の働くモチベーションが低かったり、賭け事などイージーマネーが好きな人が多いという噂が女性達の間にありました。また、フィリピン人の先生(女性)と話していたら、多くのフィリピン人男性は資産運用をしたがらないから私が旦那の分の給与も管理していると言っていました(笑)もちろん、あくまで主観です。

 

しかし、お金によるトラブルは日本よりも起きそうなので、タクシーなど値段交渉の際は程々にしようと思っています。

 

・ロシア(露)

資源大国で冷戦時代から国際的に影響力を持つ大国。日本の一般的なイメージとしては寒い国で、冷戦時代の影響からか近い国にしては関心を持っている人が少ない気がします。自分自身、近い国について知らないのも気持ち悪かったので、個人的に敢えて関心を持つことにして結果旅することにしました。

 

行く前は治安が悪いイメージがありましたが、実際はそこまで悪いという感じはしませんでした。一般のロシア人は他人に冷たそうと多くの国の人達に思われていますが、仲間になると本当に優しい人達で笑顔も見せますね。日本の親しき仲に礼儀ありというよりも、親しき仲ほど言いたいことを言い合う感じの友情です。

 

日本はロシア人に対してビザの基準が厳しいですが、他のアジア諸国は日本に比べれば簡単に取得できるので、多くのロシア人がアジアに滞在しているイメージがあります。寒い国の人達だからか、特に東南アジアは人気です。中国では海南島などに多くいるイメージがあります。富裕層はスペインなどの南欧に不動産を持っている人が多いようです。

 

僕は日本人なので日本文化に興味がある人から声をかけられることがありますが、僕の周りの中では、この国の人達が一番日本に興味を持っています。僕は旅中に多くのロシア人に助けてもらいました。駅に迎えに来てもらったり、送り出してくれたり、良い思い出です。今は少し経済状況が悪いですが、10年スパンで見ると日本との結びつきは強くなっていきそうです。

 

このブログにも、他の先進国と同じくらいロシアからのアクセスがあります。

 

ポーランド(波)

 

友人が複数回行っていたのでどんな国だろうと思って僕も同じく複数回行くことになりました。1回目はワルシャワ入り、2回目はウクライナとの国境から。日本ではポーランド食器?が一時期話題になっていた気がします。身近では日本人とポーランド人のカップルを複数知っているので、個人的には近い国です。

 

しかし、旅行の話をする時にサラッと「ポーランドに行ったよ」と言うと、ポーランドってどんな国?という感じで日本人にとって他のヨーロッパ諸国に比べて知名度は低い気がします。ワルシャワは知っていても、クラクフを知らない人は意外と多いかもしれません。クラクフは日本の京都のような所です。

 

中世ではポーランド王国が栄えて歴史的遺産も多いですが、18世紀頃からドイツ(プロイセン)やロシアなどによる領土分割(通称ポーランド分割)をされるようになります。そして、第二次世界大戦では、ナチスソ連の戦場になってしましました。

 

日本がアメリカの空襲を受けた時と同じように、ポーランドも多くの歴史遺産をこの大戦で焼失してしまいます。戦後の冷戦中もソ連の強い影響力を受けていて、大国の干渉を受け続けた国でもあります。

 

人は基本的に優しい人が多いイメージがあります。個人的には優しくないポーランド人の知り合いはいません。カトリックも根強いですし道徳観があるのでしょう。また、日本も含めて外国に関心がある人が多いイメージがあります。これからは、もっと日本人とポーランド人の交流は広がっていくと思います。

 

ウクライナ(烏)

ヨーロッパの中でもあまり豊かではない国で、ロシアとアメリカ、EU諸国など大国の外交に常に影響を受けやすい位置にある国です。一般的なイメージとしては、今内戦状態であるという感じでしょうか。

 

僕はギリシャに興味があってギリシャに行った時、ギリシャに興味があってかつ韓国に興味があったウクライナ人女性と出会うことになります。僕は韓国人ではないですが、見た目が東洋人だったから僕に興味があったようで、僕もこの友人と接してこの国って旅するとしたらどんな所があるんだろうと興味が湧いて行くことにしました。

 

行く前に黒人系のコンゴ出身の知人から人種差別する人がいるから気を付けてと言われましたが、全くそういうことはありませんでした。ただ、キエフの人達は少し忙しく怒りっぽい都会の嫌な所が出てしまっている感じはありました。

 

個人的にここは友人が多い国で、ちょうどロシアとウクライナの関係が最も悪い時に旅行していたので、僕のFacebook上でもロシアの友人とウクライナの友人がよく喧嘩していたり、本当に気を遣いました。


以上、少し皆さんにとってマイナーな国かもしれませんが、何の変哲もない日本人の僕が行って楽しめたので、皆さんはより楽しめるはずです。訪れてみてはいかがでしょうか。

 

RYOJI