読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

物質的・精神的豊かさを求める時

考え方

Rich Crocodile with Funny Money and Cash Currency
 epSos .de

 

こんにちは。よく自分よりも30年近く上の先輩方と話していると、バブル時代の例が出ることがあります。バブル崩壊後に物心がついた僕としては、タクシー券があったり、タクシーにお札を投げたなど、「そんな時代が本当にあったのか?」と思ったりします。

 

確かに銀行預金の金利や日本の不動産価値を見ると、すごい時代だったと思います。今後の資本主義経済を考えても、日本人か一部の富豪しか経験できない伸び率だったと思います。その時代が止まったことで、多くの人は物質的な豊かさから精神的な豊かさを求めるようになったという説もあります。

 

また、あのバブル時代や大所有、大消費の時代を経験している方々は特に人口が多く影響力もあるため、海外旅行でも今までとは逆に精神的な安らぎを求める流れになってきているという話があります。


もちろん、一部ではやはり高級リゾートや高級志向の方もいます。しかし、僕たち「ゆとり世代」くらいの年代は、所得格差や経済成長が見込めないと予測している所もあるのか、こういう所に興味がない人の方が多い気がします。僕自身も物欲はあまりありません。

 

知人と飲んでいた時に「こんな狭い路地をわざわざ~~の車で来るなんて、見せびらかしているね」と言われたことがありましたが、それが何の車なのかさえわからなかったり。余計なストレスを感じなくて良かったのですが。

 

それでも、日本では大学の格付けなど見栄を張る文化はまだ残っているとは思います。自分自身もくだらない所に見栄を張る所はあります。占いは絶対に信じないなど(笑)相談だけで大金を得る人にどこか嫉妬しているのでしょう。こういう小さいことを気にしていまうっていう状況は恐らく多くの人があると思います。

 

特に見栄を張る要素にはやはり物欲が一番大きく影響してくると思います。高級ホテルや高級ワイン、高級車、ブランド品など。所得の世代間格差が広がる一方で、ある意味国際標準になってきた同世代は中々興味が薄い所だとは思いますが。

 

しかし、自分への信用が足りていない時ほど見栄を張ってしまうのが人間なので、物欲が減っても見栄を張る行為自体はなくならないと思います。それを精神的な物で補うことがあるからです。例えば、それは思い出作りや友達の数を執拗にアピールしたりすることかなと思います。

 

でも、この精神的なものも度が過ぎると、「いつでも人生ハッピー!」みたいな自己啓発的なことに集中してしまうことにもなり、現実逃避に近いことが起きてしまいます。実際に僕は物欲で自分を慰めることがないだけに、こういう瞬間は訪れます。幸せは目指すべきですが、別に人生が幸せじゃなきゃいけないなんていう前提も本来ないですよね。

 

そのため、物も精神的な豊かさもバランスが大事かなと常々思っています。人間関係に余裕がない時は美味しい物を食べて肉体的にリフレッシュしても良いし、人のために何かしたいと思える余裕がある時は人のために行動して精神的な豊かさを感じたり。

 

その点、逆に物欲に完全に忠実な人や、精神的な豊かさだけに完全に忠実な人はとても良い人生を送っていると思います。だから、とことんお金を稼ごうと思っている人や、幸せだけを求めている人はとても尊敬しています。しかし、僕はそういったものに完全に忠実になることができない中途半端な性格です。


物欲で見栄を張るにしても、いくら自分が高級マンションに住めていたとしても一時的には偉そうになれるかもしれませんが、完全に自分の力だけで稼いだお金でなければ虚無感に陥るタイプだと思うからです(経験してないのに言えませんが笑)。他に色々な人の悩みを見ていると恐らく僕以外もこういったタイプの人は多いと思います。

 

精神的なストレスの穴埋めとして友達をいっぱい作りたい人も、本当に自分の信用が友達との間にあるのだろうかと、女子高生のように悩むものです。「自分は地位や名誉や友達の数という表面的な物にすがっていて自分自身は何もないじゃないか・・」と。


っと小難しくズラズラ書きましたが、プライベートでこうやって悩む時間は正直もったいないので、やはりバランス良く生きるのなら常に本質的また創造的に生きないといけないと思うのでした。そのために、「自分が足りていなくてかつ本当は求めているけど、敢えて目を背けている数々のこと」を克服していくこととしか、本当の豊かさは訪れないのではないかと思います。

 

本来のやりたいことや楽しいと思えること程、自分で動かなきゃいけないことだらけで、本当はしんどいものなんだということを年々気づいてきて、人生って本当にうまくできてるんだな~と思っています(笑)

 

年齢的にしょうがないと思いたいですが、僕は表面上の遊びに流され本当に楽しいことに気づいていなかったかもしれません。なので今は余計なことを考えないくらい動いていこうと思っています。もう目の前のことに集中して行動しないと、余計な悩みが出てきますし、周りや常識に流されやすくなります。本質的に楽しいことこそ最強なことだと思うのでした。何か悩んでいる人向けに今日は書いてみました。


RYOJI

関連記事

下記ランキングに参加しております。クリックしていただける励みになります。いつも読んでいただき、ありがとうございます。