読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

海外旅行で自前のスマートフォンを使うケース


free wi fi
Dayna Bateman

 

こんにちは。本日は某キャリアで不当な契約があったのを確認したため、解約手数料や今まで支払った料金を無効にしてもらうなどの措置を取っていました。というのも、これから数ヶ月間、日本を離れるため携帯内容の確認をしていて「なんだこれは⁉︎」となったのでした。

 

前にもWiFiや通信については、このブログに書きましたが、今日のあり得ない事件をきっかけにして、今日は海外旅行で自前の携帯電話を利用する方法について僕の知識内で記述していきます。(用語などは僕が使用しているiOSを基準にします)

 

自分の携帯をそのまま外国の回線で使用すると料金が膨大になることは周知の事実だと思います。そこで、海外で自国のスマートフォンを安く利用する場合は、まず「機内モード」と「モバイルデータ通信オフ」という方法が考えられます。 

 

機内モードでは、電話回線もインターネット回線も使用せず、現地のWiFiのみで対応する方法です。僕はその方法で世界を周っていました。今では多くの国でWiFiが整い始めているので、インターネットを常に使いたいということでなければ、あまり問題にはならないと思います。

 

しかし、僕は外国の友人からSMS(ショートメールのようなもの)でやり取りすれば良かった・・というケースが多々ありました。電車の遅れや旅人というハンデを気にしてくれない本当に時間に厳しい知人がいて、中々道中にWiFiスペースがないために連絡が取れず、大変だったことがありました(笑)

 

このように、外国の友人とSMSでやり取りをするケースがある場合は、モバイルデータ通信オフという方法があると思います。それは、インターネット回線だけを遮断する方法で、電話やSMSは現地の電話回線から受け取ることができる形になります。

 

通信キャリア各社で詳しい内容の確認は必要ですが、基本的にSMSは受信は無料、送信は100円程で、電話に関しては着信も発信もお金がかかる形だと思います。電話はかなり高いと思うので、単純な旅行であればSMSだけで十分ではないかと個人的には思います。

 

僕はロシアを旅行した際は全国のロシア人と連絡することが多かったので、電話回線とインターネットの代金があまり高くない格安の現地SIMカードと、現地で格安のノキア製の端末を買って対応していました。(大手通信キャリアで購入するスマートフォンは殆ど同じだと思いますが、僕のiPhoneSIMロックがかかっているので別途、端末購入が必要でした)今考えると、この自前のiPhoneでSMSを利用する方法でも良かったかなと考えています。

 

f:id:ryoji_japan:20150119182257j:plain

(ロシアで購入した端末。インターネットを利用したい時は、SIMカードをSIMフリーの自前のポケットWiFiに差し込み、iPhoneで接続しました。シベリア鉄道に乗っている間も少し使いました。現代人ですね。笑)

 

また、日本の大手キャリア3社の場合は、電話回線やインターネット回線を利用しない場合でも、最低のパケット定額料金や端末代金の残債分など毎月支払わなければいけないと思います。パケットはキャリアのビジネスの根幹だとも思いますし、あまり安くはないのが現状だと思います。

 

しかし、一時的に契約を解除するサービスというのが存在します。解約している時期は、電話番号やEメールアドレスの利用はできませんが、毎月に支払う小額の料金と、一時的に解除する事務手数料のみで対応ができます。日本を離れる期間と費用を考えて、一時的に解除する方が良いのか、毎月パケットの最低定額料金などを払い続ける方が良いのかを比較検討されてみると良いと思います。

 

最後に、「1年程海外に滞在するから日本の携帯電話の契約は完全に解除しよう」という場合は、一度携帯電話を契約する時に発生する2年間縛りという制度も思い出すと良いと思います。現状では、途中で解約すると解約手数料が1万円程かかる所もあるからです。※総務省の働きかけで、来年度から大手携帯通信キャリア3社で行われてきたこの違約金が無くなる動きはありましたが、中々実現に至らなそうな雰囲気です。

 

同時に総務省の働きかけでSIMロック解除も大手通信キャリアに求めている状況で、攻防が繰り広げられています。しかし、今は大手通信キャリアだとパケット料金が高いと感じたり、途中の解約にはお金がかかるのが不満だったり、SIMロック端末が殆どなので海外利用が不便など…色々と不満も多いのも事実で、2年縛りをせず格安のSIMカードを提供するMVNO仮想移動体通信事業者)が人気になってきているようです。

 

MVNOについては、また別の機会に書けたらと思いますが、海外へ行かれる方は一度今の契約内容を見直してみると良いと思います。また、各社によって解約手数料や海外でのSMS送信料などは違い、上記で記載した金額はあくまで一例となるのでご了承ください。

 

RYOJI

 

関連記事

 

下記ランキングに参加しております。クリックしていただける励みになります。いつも読んでいただき、ありがとうございます。