読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

女性の一人旅を身近に


Look at the View!
Patrick

 

こんにちは。僕は自分が旅行した分、その経験を伝えたいという所と旅行関係の仕事を作ることも考えているため、「女性は海外旅行に対してどういった不安を抱えているのか」というのも少し気になっていたテーマであったので、その不安を解消できればと、今日は記事を書いていきます。旅行の不安は僕たち男性に起因するものも多いので(汗)、少し罪悪感もあったので今日は書いていきます。

 

1.基本的には盗難を気をつければ良い

危険地帯に行かない限り、旅行のリスクを大ざっぱに言うと、日中はスリなどの盗難、夜はスリなどに加えて性犯罪だと思います。テロや災害に関しては、防ぎようがありません。

 

日本でのひったくりの被害者は女性に多いですが(年末年始は要注意です)、外国のスリに対しては男性の方がリスクが高いのでは?とも思うことがあります。それは男性は、外国で女性よりうかれやすく警官心が薄まってその標的になる可能性が高まるからです。しかし、警戒心のない女性はもっと狙われやすくなると思うので要注意です。また、性犯罪に巻き込まれないためには、夜道は極力歩かないなど気をつけることと、服装に気を付けることかと思います。やっぱり、どんな国の男性も国を問わず「女性」そのものが大好きですね・・。

 

2.日本人女性の気質を知っている悪質なナンパに注意

モロッコ、トルコやイタリアなどで日本人女性が多くがナンパされるという話を旅行中によく聞きました。中には日本人女性特有の気質を知って悪いことを考えて狙っている男性も一部にはいるようでした。(上記の国の全ての人が悪いナンパをする訳ではありませんが、被害の話をよく聞きました。)

 

それは多くの日本人女性の断れない性格を知っていたり、ニコニコしやすく、それをOKだと勘違いする所だと思います。そういう人に限って、最初に「どこ出身か?」とか「こんにちは!」などの日本と関連した挨拶やギャグから話しかけてくると思います。

 

日本で痴漢が多いのは、女性がこの「断れない性格」を男性が狙っているという話もあります。外国で痴漢が少ないのは、これが外国人女性の場合だと、その男性の手を叩いたり、ただちに問い詰めるからでしょう。(その分、痴漢よりも凶悪な犯罪もありますが。)

 

こういう違いが起こるのは、日本だと男性だと仕事ができないと駄目だとか、女性だと男性よりも出しゃばると白い目で見られるとか、性別が理由で強い圧力がかかる社会である所にも原因があると思います。しかし、外国では精神的な意味で男女平等の国が多いです。その分、ホステルにしても部屋は男女共同が多かったりもします。良い意味でも悪い意味でも平等なのです。

 

僕も前までは、日本人女性の優しさに甘えていた部分はあるな~と思うことはありました。それは、多くの外国人女性と話していく上で、「ここをこんなストレートに言うか?(日本人女性じゃ言わない・・)」とか、がさつに物事を進める所に不快感を抱いたり(日本人女性はもっときめ細かいのに・・)など、カルチャーショックを受けることが多々あったからです。というよりも、本来これは性別関係なく人それぞれの問題なので、ショックを受ける理由もないことに気づき、少しこれは差別的な考えなので反省もしています。

 

そして、個人的に日本で気の強い女性と言われる人は国際的には標準で全く気にならないレベルだと思っています。外国人女性が全員気が強いという訳でなく(繊細な人ももちろん多いですが)、ここで伝えたいのは、ただ旅行中は別に日本人男性が近くにいる訳でもないので、日本社会を意識せず、我を強くして旅行することが大事だということです。

 

3.一人ご飯が苦手ならスーパーで買うのが安上がり

よく一人でご飯を食べられないという話を聞きます。一人が好きな僕にはよく理解ができない心理ではありますが、レストランなどだとより寂しく感じてしまうと思うので、スーパーで買って自炊を楽しむのも良いかと思います。

 

また自炊できるホステルでは、それを他の旅人に分けてあげることも旅の醍醐味になるかもしれません。そして、何よりも安上がりですし、スーパーや市場は食文化を知ることができます。ホステルやどこかで友達ができた時だけ、一緒にレストランで食べれば良いでしょう。

 

4.日本が安全とも限らない

痴漢の件数を見てもわかるように日本が必ずしも安全な社会だとは言えないと思います。よく日本では日本が平和だと言われているために、変に外国に対して不安に思ってしまうのではと僕は考えています。外国にも日本と同じくらい安全な街はたくさんありますから、そこまで日本と外国と区別して考えない方が気楽です。

 

5.女性が得しているなと思う所

最後にポジティブな話をすると、男性から見て女性が得しているなと思う所は、男性に比べて多くの人が助けてくれる所だと思います。特に男性からですが。

 

ヒッチハイクにしても女性の方が成功率が高いと思いますし、ヨーロッパをヒッチハイクで旅している女性を実際によく見ました。(もちろん1人は危険があるので、女性の場合はヒッチハイクは2人以上がおすすめです。男性2名よりも止まってくれる可能性が高いです。)

 

狙われやすいからこそ危機意識が高まり、それが逆に男性より安全な旅ができたりするものです。不安になった時は、女性の旅ブログを見てワクワクしてしまい、どんどん旅してしまいましょう!旅行に関する不安は、このブログの問い合わせフォームでも相談に乗っています。

 

今年の夏に記載した以下の記事は男女共通の内容なので、時間がある際に目を通していただければと思います。


海外旅行の不安を解消するメンタリティ - 世界の記述

 

RYOJI

 

関連記事