読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

海外一人旅から得た大切なもの

考え方 旅行全般

f:id:ryoji_japan:20141028142328j:plain

(世界旅行の代名詞でもあるマチュピチュ遺跡)

 

このブログは海外一人旅をしてみたいと思っている方や、海外で頑張っている日本の方などに見ていただいていると思います。僕は真のバックパッカー程ではないですが、僕も海外旅行に魅了されて学生時代に世界一周、会社を辞めて旅行したり(現在)と、振り返ると約50ヵ国程周ってきました。

 

自分の旅は現在進行形であり、まだ達観した気持ちではありませんが、前回記載した海外旅行の不安を解消するメンタリティ とは逆に、今回は今までの経験で得た海外一人旅のプラス面について振り返ってきたいと思います。多くの旅人に共通することと思います。


1.より母国(日本)について考えるようになる

多くの日本人はどこにいても最初は日本人として見られます。ホステルや色々な外国人が集う場所で話をする時にしても、日本に関する質問を受けることが多くなると思います。それによって自分のアイデンティティに関して再確認します。

 

そのため、コミュニケーションは相手の国を知ることに加えて、自分の国についていかに語れるかも重要であることも学べます。また、日本と同じ慣習・サービスなどの国はどこにもないので、長期で旅行すると様々な国と日本を自然と比較して考える癖がつきます。

 

例えば日本は便利で物も豊かでサービスも良いのでとても良い国と思う一方で、その反動で労働環境などが悪く先進国なのに自殺率が物凄い高いなど、良い面と悪い面を認識することは、今後の日本のためにも良いことだと思います。極端な例ですが、明治維新を起こした人(高杉晋作勝海舟など)は異国を実際に見て考えが変わりました。

 

また日本はよく欧米と比較されがちですが、その欧米さえ、どこの国を指しているの?と大きな括りではなく日本以外でも自分が訪れた国の視点からも考えられるようになるのも良いことです。

 

2.旅を応援してくれる人がいる

 僕は好きで旅をしているので正直娯楽の気持ちで出発していましたが、そんな僕の旅を心配してくれたり応援してくれる人がいることに気づきました。旅で寂しい時は僕はスゴイことをしているのかも?と調子に乗って自己肯定することもできます(笑)暇な時間にテレビゲームをやり続けて応援してくれる人は全くいないことを考えると、とても良いことだと思います。そして、その人達には感謝しています。

 

3.人との出会い

 僕は人生は人との出会いによって形作られると思っていますが、旅はそれをより実感させてくれる物だと思います。ホステルでたまたま話しかけた人と、違う国で再会したり、僕が道を尋ねた人がとても親切で、今でも交流があるなど、自分が出発しなければ出会うことがない人達ばかりです。僕はこの旅で、イタリア、フランス、スペイン、ロシア、フィンランドノルウェーポーランド、ドイツ、ベルギー、オランダ、スコットランドでは現地の友人に泊めさせてもらうなど、友人の助けにもなりました。また自分みたいな旅の同志が世界中にいることも嬉しいことです。そして、異国で頑張っている日本人と会ったことも同胞としてとても刺激を受けました。

 

f:id:ryoji_japan:20141028142823j:plain

 

4.語学の上達

 僕は基本的に現地の人々と挨拶の以外は英語で交流をしますが、旅をしている時は、その英語を常に学べている気がします。

 

5.ビザなど国別の仕組みを通して政治的事情を知ることができる

今までの活発な経済活動や信頼性のおかげで、日本人は殆どの国をビザ無しで旅行できます。つまりスムーズに国から国への移動ができます。これを利用しない手はありませんね!その有難味を忘れがちですが、ロシアなど旧ソ連諸国、また日本人にとって、あまり馴染みのないアフリカの国々では、ビザが必要であったりします。必要書類などから、その国の仕組みや、その国との国際関係をも学ぶことができます。例えば、ブラジルと日本は長い交流の歴史があるが日本人はビザは必要、イスラエルのスタンプが捺印されたパスポートだと敵対するイスラム諸国を入国できないなど。国籍によっても事情が異なるため、世界の不公平さも学べます。

 

 f:id:ryoji_japan:20141028142721j:plain

 

6.多様性を知ることができる

日本は村社会同調圧力、ウチとソトなどの言葉があるように同じ考えを持った人で共同体を作ることが好まれる風潮がありました。そのため、自分と異なる人を受け入れようとする人はそこまで多くないようです。しかし、世界の都市には様々な民族の人が住んでおり、違うのが当たり前のようになっております。

 

移民政策などの問題はありますが、その点では東京を含め日本の街は多様性に欠けていると思います。周りの目を気にし過ぎて、少し今いる環境が生きづらいと思うことがあるような人は一度、海外を覗いてみるのも良いかもしれません。日本では出会わなかった人と出会うかもしれませんし、自分が行っていることが別に悪いことではなかったのだと気づくかもしれません。

 

f:id:ryoji_japan:20141028143037j:plain

 

このように世界の素晴らしい景色や遺跡を見ることができるだけでなく、人との出会いがあり、日本や世界について見聞が広まること間違いないので、本当におすすめしたいです。最終的には何か日本に還元できれば嬉しいですよね。


RYOJI

 

僕らの人生を変えた世界一周

僕らの人生を変えた世界一周