読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の記述

タイトルはマルコポーロより。旅行を主とした日本と世界に関するブログです。たまに政治・経済もあり。

考え方

No.380:KISSのジーンシモンズ

こんにちは。KISSというアメリカのロックバンドがおりますが、そのバンドの中にベーシストであるジーンシモンズという人物がいます。僕はKISS世代ではないですが、彼らの曲を聞いたり、歌ったことかあるなど、ファンではないのに何かと影響を受けている気が…

No.379 : 悔しくて眠れない時

こんにちは。最近、欲深い自分は色々なことで満足せず、悔しい思いをしています。悔しくて眠れないこともあります。そのまま何もしないで朝が始まってしまい、その気持ちは日々の生活の忙しさにより中途半端な形となってフェードアウトしてしまいます。する…

No.376:大切なもの

こんにちは。1年以上毎週水曜日、日曜日に更新していた当ブログの更新頻度が少なくなっている今日この頃ですが、リアルな生活習慣は少しずつ改善してきました。ここ最近、忙しいというのを言い訳にあらゆる自分で決めた習慣を不定期にしてしまいました。仕事…

No.303:感情のズレ

こんにちは。今思い出したのですが、先月にラスト・ナイツという紀里谷監督の映画を観に行きました。紀里谷監督のことはGOEMONの頃から知っていましたが、初めて彼の映画を観に行きました。 恐らくこの映画の撮影中だったと思いますが、紀里谷監督がフリーワ…

No.291:国際情勢への理解と未来

Anjan Chatterjee 世界で仕事を知るためにはある程度、国際情勢への理解をしていた方が良いなぁと思う今日この頃です。個人の考えとその人が国籍という形で所属している国の政府見解は異なることが多いのため、学者的に学ぶことはあまり意味がないことだと思…

No.258:頑張らない

Betsy Weber こんにちは。雨のため走れない日々が続いてウズウズしているため、今ジムに来て走っております。さて!!人は誰でも、人に協力してもらったり助け合って生きているものだなぁと思う今日この頃です。日本人の多くは「他人に迷惑をかけてはいけな…

No.233:提供する側に回る

Alexandre Dulaunoy こんにちは。最近それなりに大きな仕事になりそうなことがあったが一時休止することになり、つぎ込んだ時間が惜しくまた結果に急ぎがちである最近の自分としては、少し勿体ないなと思いつつも、スッと忘れて、次、次と新しいことに目を向…

死生観

Víctor Nuño 東北で起きたいじめが起因で自殺した生徒が日誌に「死にたい」と、自殺を暗に意味していた記載があったと言うニュースが最近話題になっていました。僕も友人を自殺で亡くしているのですが、その友人も酔っぱらっていた時に「死にたい」と言って…

哲学的な話

Wisdom - Diamond Light こんにちは。ついに7月に突入し、2015年も残すところ半分となりました。何かうまくいっていない人は「焦り」を感じたり、何かうまく行っている人は「2015年中にもっと進んでいくぞ!」という感じのタイム感があると思います。また時…

情報マネジメント

Heath Brandon こんにちは。情報を得ることはこの世の森羅万象を知るに等しく、とても面白いことだと思います。ブログを見るにしても何をしても、人間は情報を得ることを常に行っています。個人としては、知ることを止めると人生がつまらなくなり始めるから…

飲み会マネジメント

The Vault DFW こんにちは。ついに今日は大阪都構想の是非を問う住民投票が行われていて、そろそろ締め切られようとしています。この選挙に至ったことだけでも歴史的な選挙だな思う今日この頃です。 そんな今日は「世界の記述」と全く関係のない「飲み会につ…

手段と目的を混同する時

peasap 人間って手段と目的を混合してしまう生き物だなとつくづく思います。手段というのは、何かの目的を達成するためのツールですが、それ自体を目的だと思ってしまう(思いたい)感じです。例えば、日本は「資格社会」だったりするので、何かの仕事をする…

経営する上で改めたいと思っているマインド

thinkpanama こんにちは。自分はいくつか事業を作るために動いています。僕は元々事業を作ることは考えていなかったのですが、単純にその事業がやりたいと思い始めたため動いています。それだからか、サラリーマンの同期と話していて考え方が違うかも?と感…

自分自信への信用構築

Alain Limoges 最近は春ということで遊びに誘ってくれる友人も多く、花見など飲み会になることも多い今日この頃でした。日本は「おつまみ文化」が豊富で誘惑が多いです。日本食はそれでも健康な方ですが、気をつけないと太ります。 また、最近は酔うのが早い…

創造性とひらめき

Stephen Poff こんにちは。先日、脳科学のさわりを勉強していて、一般で言われる「閃き(ひらめき)」というのは前頭葉と側頭葉のリンケージが重要だということを知りました。前頭葉は行動する部分で側頭葉は記憶や経験などを扱う部分らしく、 引き出しが多…

学校教育で大切なもの

(スペインはバレンシアの風景より) こんにちは。時間がある時は家庭教師などの仕事をしつつお金の足しにして、色々と進めている今日この頃です。家庭教師をお願いする親御さんは、 子どもが勉強せず成績が悪くなることを不安に思っているか、子どもが学校…

世界で必要な知識

(フィンランドはヘルシンキの景色) こんにちは。先週の13日の夜から24日くらいまでアドレナリンが出っ放しで、かなり物事に集中できていたのですが、今は日本に帰った安堵感があるのか少しモチベーションが下がっています。(関係ないですが、アドレナリン…

モヤモヤした時には

Susana Fernandez こんにちは。このブログに関してですが色々な検索ワードで来ていただいているようです。あまり抽象的な情報を出さないように気を付けないといけないなと思う今日この頃です。 しかし!(笑)意外と自己啓発的な記事もアクセスをいただいて…

ブログを続けるモチベーションの維持

(フィリピンはセブ島の夜景。綺麗でした) こんにちは。最近、英語の勉強よりも筋トレをするのが楽しくなってきてしまった今日この頃です。しかし、今週は勉学は巻き返します。先生に「ブルーマンデー(月曜日の憂鬱)?」と聞かれましたが、今は半ば強いら…

有限の時間の中で

TheGiantVermin こんにちは。今日はバレンタインデーでもあり、2015年のブラジルのカーニバルが始まる日でもあります。 さて、唐突ですが「人生は有限」とよく言われます。自分は死なないという変わり者はいつの時代もいますが、今の技術では(男女の差はあ…

物質的・精神的豊かさを求める時

epSos .de こんにちは。よく自分よりも30年近く上の先輩方と話していると、バブル時代の例が出ることがあります。バブル崩壊後に物心がついた僕としては、タクシー券があったり、タクシーにお札を投げたなど、「そんな時代が本当にあったのか?」と思ったり…

人生を惑わす旅行とお金の魔力

Suzanne Gerber こんにちは。いきなりですが、多くの人の願望に「お金と時間が欲しい」という所があると思います。実際にお金があってかつ「時間」がある人がするのは、圧倒的に旅行が多いと感じています。(年配の方など) また、多くの人は「お金持ち」や…

言語は思考に影響する

Markus Koljonen こんにちは。この前イタリアの友人と話していて、「意外と気を遣うんだね・・?」と僕が友人に言った瞬間、自分で「そもそも気を遣うって日本の独特の言葉かな?」と突如疑問が湧いてしまい、会話の方向性がずれて、お互いの国の独特な感覚…

不毛な悩みこそ究極的に面倒くさい行為

Matt Biddulph こんにちは。いきなりですがブロガーの皆さんはブログをどういう形で書いていますか?僕は、日頃のニュースや本、過去の旅行経験などから頭の中でパッと浮かんだテーマを書いていく形式を取っています。 しかし、書いているうちに何を最終的に…

日本人独特のお金に対する考え方

401(K) 2012 日本人の独特の「お金」に対する考え方って存在するなと最近、考えています。特徴的だと思うのは「お金」は卑しい物としてあまり語らない文化があるにも関わらず、「お金」に執着する人が多い社会という所です(成功した経営者や富裕層にはあま…

本当にやりたいことを考える

Nicole Pierce 先日このブログに社会的「信用」について記載しましたが、僕はやはり旅行をずっと続けたい、気軽に日本や外国の友人と会えるだけの時間とお金が欲しい、宇宙へも行ってみたい、できれば親のサポートをしたいなどのかなり欲深くて難しい目標が…

旧友と飲んで考えた「信用」とは

Neal Sanche 今日は日常で感じた雑感を書いていきます。 今、自分は今日本にいるということで、先日久々に大学の旧友と会いました。その友人とは所属していたサークルつながりであり、共通の先輩を待つ間にカフェでまず語っていました。僕は彼には失礼なこと…

ファッション化する世界一周?

Nicolas Raymond 僕は4年程前の今頃から世界一周をしましたが、それは効率的であり日本から往復で行くよりも安く色々な国に行けるという理由もあって、その方法を選びました。しかし、今は世界一周という形に拘らない旅をしています。 その理由といては世界…

お金の歴史~物々交換からビットコインまで~

David Davis 世界の秩序にも言えますが基本的に歴史を学ぶことは、どのようにしてこのシステムが築かれたかを知るために必要な知識を得ることであるとつくづく感じます。例えばいきなり今のイタリアやドイツという国民国家がイタリアとドイツの大地にあった…

海外旅行のために英会話学校に通うのは順序が逆?

Bart 英語はお金を出して学ぶ物ではないと思い込みを排除し、僕は最近「英語」を学校で学ぼうかと考えていることを前回の記事に記載しました。そのため、11月に僕は留学セミナーや英会話学校の見学など片っ端から行ってきました。(計画していないイングラン…

すぐ行動に移せない時の対策

Photo by yoshikazu TAKADA 昨日は怠惰について書きましたが、今日は怠惰な自分への自戒の意味を込めて「考え方」について書いていきます。 色々な情報を得てもアウトプットしないと本当の自分の知識にならないように、いくらHow to本を読んでも、実践ができ…

サハラ砂漠で人間の本質は怠惰であると考えた

こんにちは。社会的な影響もあって、日本は何か高みを目指していたり、成長意欲を持つ人がかなり多い、中々上昇志向の国だと他国と比較して思うことがあります。 しかし、怠惰なのは全人類の原則なのか、この勤勉と言われる国である日本でさえ怠惰な人間は変…

旅行で人種差別を感じるか?

Photo by Joe Penniston 先日書いた人種差別に関する記事と関連して、今日は海外旅行で人種差別を感じる瞬間はあるか?というテーマで書いて行きたいと思います。 旅人のブログを見ていると、外国人観光客が少なくて中国系の人も住んでいないような旅行難易…

不安解消にはリスクヘッジしかない

Photo by Miguel Librero (考える人は、右肘を逆の左膝に乗せるという不思議なポーズをしています) さて今日は旅ブログにしては保守的で少しライフハック的な内容で書いていきます。僕は20代特有なのか漠然とした不安や悩みが襲ってくるタイプだったりし…

なぜ自分は英語が必要だと感じるか

(日本人の多くが留学先として選ぶオーストラリアはシドニー) 僕は世界に関心を持つ時に、旅行や歴史から入ることが殆どです。そんな中、東南アジア(ASEAN)の中でブルネイとフィリピンは今まで旅行したことがありませんでした。そして、溜まったマイレー…

情報は本当に大切!

dierk schaefer / Brain ブログを書くにあたっても、海外情勢を知るにあたっても、仕事を探すにあたっても、生きる上での「情報」は僕はとても大切な物だと日に日に感じています。 このブログは旅行関係をメインにしているので、最初に旅行で言うと、世界中…

世界一周や留学を考えている大学生に向けて

Tulane Public Relations / Student Orientation 今日は外国に興味がある学生や就活生に向けて書いてみたいと思います。 自分は東京の中堅?と言われる大学を卒業し、自分にスキルはないから皆と同じことをするしかないと思い就活をしました。しかし、その考…

自分に満足しない時

Alon / Worried 少し自己啓発的なタイトルで、フワフワしていますが「自分に満足していない時は自分に社会的価値観を見いだせない時ではないか?」という個人的な観点で今日は書いて行きます。ブログのタイトルとあまり関係がなくてすいません。 1.フリー…

これからの予測のできない世界

asecondhandconjecture/The Scale of the American Economy どんな場面でも言われていますが、これからはグローバル化が進み今までとは違って予測ができない時代が訪れるとよく耳にします。こういったグローバル化や仕事の変化などは、どこの国でも言われて…

訪問したことがない国へのイメージは?

Thinking about small / Freddie Alequin 僕はよく国内外問わず「なぜ旅しているの?」と聞かれる時には理由があまりなかったので、少しずつ作り始め「新しい物を見ることが好き、固定観念を壊すことが好きだから」っと今ではカッコをつけて言っています。 …

日本に固執してしまう要因ベスト5

旅行を通して僕は少しずつ変に日本へ固執することがなくなってきました。もちろん母国なので一番好きな国なのは変わりありませんが。しかし、これからの時代、日本に拘っていてはいけない人や何かが原因で海外移住しなければいけない人も増えることでしょう…

自分が何気なく持っている知識や経験をシェアする時代

(古代ギリシャの知の歴史が詰まったアテネのアクロポリス博物館) 世界と比べると僕たち日本人は謙遜して自分の知識をあまり高く見ない傾向があると思います。特に日本は褒める教育よりも我慢が美徳という教育文化があるからでしょうか。教育論の比較を書く…

海外一人旅から得た大切なもの

(世界旅行の代名詞でもあるマチュピチュ遺跡) このブログは海外一人旅をしてみたいと思っている方や、海外で頑張っている日本の方などに見ていただいていると思います。僕は真のバックパッカー程ではないですが、僕も海外旅行に魅了されて学生時代に世界一…

海外旅行の不安を解消するメンタリティ

(大掃除が始まる、ロンドンはビッグベンのシルエット) こんにちは。不安に押しつぶされて外国に行きたくても行くのを躊躇している方たちに向けて、今回は自分が行っている不安解消のための方法を記載していきたいと思います。(モスクワへの道中にて) 1…

海外旅行への不安を解消する体験

(晴天の紫禁城。PM2.5の濃度は毎日高い訳ではないことを北京で知る) 僕はかなり旅が好きな方ですが、旅というコンテンツが好きというよりも、自分または多くの旅人の軸として「新しい価値観と出会うこと」が好きなのだろうと考えています。そのため、旅は…

旅行先を選ぶ基準は「適当」そして「友人」

(写真はシドニーのハーバーブリッジ。ここで2014年新年の花火を見る。) 僕が旅先を選ぶ時はあまり拘りを持たず、今まで下記の通り外国を旅行してきました。皆さんの海外に対する不安が解消し、外国に沢山行くきっかけになればと思い記載していきます。 ・…

旅は生き方の多様性を知る良い機会

(写真はサハラ砂漠でフランスの旅人に出会い牽引してもらうの図) まだ僕は20代中盤なので、リラックスする旅というのは全く求めておらず、「新しい土地に行ってみたい」という好奇心が旅への意欲を掻き立ててくれています。 そのような旅を終えた後の質問…